カーブス入会金・月会費・料金からフィットネス・ダイエット効果紹介サイト

カーブス料金と効果【入会金半額キャンペーン!】会費が安いカーブス評判についても > カーブス料金コース

カーブス料金コース

カーブス料金コースについて説明します




カーブス料金コースを選んで会費を割安にしましょう



カーブス会員には年会員と月会員があります。
年会員になるほうが、
1 カ月あたりのカーブス会費が
一番安くなります。
また、入会金が半額になる
Web申込みがあるので、
こちらのweb申し込みをご利用頂くのが
断然お得です!



期間限定!カーブスwebキャンペーンで料金をお得に!




カーブス料金コースは3種類


カーブス料金コースには3種類あります。
それぞれ料金が変わってくるので
説明します。

・1か月定期コース
1カ月ごとにカーブス料金を支払います。毎月更新あり。
・12カ月お得コース
カーブス料金は月払いとなります。 1年以上カーブスを利用することを前提とします。 年1回の更新となります。
・会員ご家族コース
カーブス会員のご家族で19 歳以下の方。 19歳コースのカーブス割安会費には条件があります。 例えば娘さんとかでしたらOKです。

※以前行っていた、カーブス料金を1年分一括で
まとめて支払う方法は現在無くなりましたので、
ご注意ください。

たとえば、通常よくある
フィットネスクラブの月会費は
昼間会員で安くても
10,000円近くかかるのが相場です。⇒痩せるフィットネスクラブ カーブスの詳細はこちら


 


カーブス料金はシステムが合理的だから割安!



カーブスのシステムは



無駄なものにお金をかけたくない人にとって
とても合理的にできているシステムです。
シャワー設備もないし、
サウナもないけど、
必要ない人にとってはとても合理的。
だからカーブス会費も他のスポーツクラブに比べて
割安になっているのです。
必要のないものに無駄な料金を取られることは
ありません。

カーブスジムは、
行ったらほとんど待ち時間がなく始められ、
30分運動してすぐ帰れるところが評判です。
ですから、主婦の方など細切れの時間の中で
30分だけカーブスに時間を使えば、
健康維持、脂肪燃焼ダイエットを
続けることができますね。

ダイエット目的や、ロコモ予防、
サルコペニア予防にも
カーブスフィットネスは効果があります。
継続して運動を続けることで
効果が得られるので、
カーブスを継続するためには、
割安なカーブス料金コースの利用をおすすめします。

運動をつづけるためには、
スポーツクラブに通い易いかどうかも
チェックしましょう。
家の近くにあるか、
職場の近くにあるか、
日々の買い物ついでに
気軽に行けるのがカーブスであれば
最適ですね。

また、たった30分で効果があるのか?
と疑問に思う方も多いですが、
研究の結果、
カーブスのようなサーキットトレーニングは、
他の運動に比べて脂肪燃焼効果などが
高いことが証明されています。

その理由は、
カーブスのようなサーキットトレーニングは
有酸素運動と筋トレを交互に行うため、
有酸素運動だけとか
筋トレだけするよりも、
運動の効果が3倍にもなるから。

カーブスでは、有酸素運動+筋トレの後に
ストレッチを行います。
ストレッチを行うことで
カーブスワークアウトの効果が
19%もアップするのですよ。
カーブスは運動オンチでも心配は全くいりません。

70代以上の女性たちでも
自分の体力に合わせてできます。
ですから、普段運動不足だけど
何をやっていいのか分からないあなたに
おすすめしたいのがサーキットトレーニングなのです。⇒痩せるフィットネスクラブ カーブスの詳細はこちら



 


カーブス退会・休会はどうしたらいいの?

病気、けが、妊娠などで
もしもカーブスに通えなくなったらどうしたらいいの?

カーブス退会の場合

退会する場合、直接店舗に行って退会手続きします。 電話のみや郵送では手続きできませんので ご注意くださいね。

カーブスのスタッフに
直接退会届出書を提出した日付の
翌月末日が退会日となります。
退会日まではカーブスに通えます。

・カーブス月会員(定期コース)は
1カ月単位で退会となります。
・カーブス年会員(お得コース)では、
年の途中で退会した場合は、
解約清算金が発生します。
経過月数を定期コース料金に換算して
差額を支払います。

つまり、経過月数分のカーブス料金は、
月会員(定期コース)と同じ料金となります。
違約金などはありませんから安心です。
もし、病気でカーブス会員さん本人が
退会・休会手続きに行けない場合は、
代理人の方が手続きをすることができます。

カーブス休会の場合



病気・怪我・妊娠などで
医師から一定期間の運動を禁止された時、
カーブスを一旦退会する手続きを取り、
半年以内に再入会できそうな時期を
カーブスのスタッフと相談して決めます。
これがカーブス休会扱いとなります。
休会の手続き後、カーブスを再開する場合は
カーブス入会金は支払わなくてOK。

カーブス年会員(お得コース)の場合。
退会するよりも、休会扱いにすれば
解約清算金の発生もありませんし、
休会後、カーブスを再開するときに
カーブス入会金は支払う必要がありませんので、
退会か休会かは、自分の状態を考え、
カーブスコーチとも相談の上決めてくださいね。
迷うなら、まずは休会を考えてみるとよいかもしれませんね。

カーブスでは妊娠の場合は
出産予定日プラス6カ月の休会期限となります。
ご自身の体調等、カーブススタッフともご相談の上、
カーブス退会か休会を選ぶとよいでしょう。



⇒痩せるフィットネスクラブ カーブスの詳細はこちら



⇒カーブスプロテインの詳細はこちら



⇒50代女性のダイエット方法



⇒夏までに痩せるダイエット



⇒カーブス料金を安くするにはこちらをチェック!



 



期間限定【カーブスwebキャンペーン!】



ここから無料体験を申込むとカーブス入会金50%offになります



↓ ↓ ↓