カーブス入会金・月会費・料金からフィットネス・ダイエット効果紹介サイト

カーブス料金と効果【入会金半額キャンペーン!】会費が安いカーブス評判についても > カーブス効果

カーブス効果

カーブスの効果

●カーブスってどんな効果があるの?

カーブスワークアウトのすばらしいことのひとつは、 カーブスを継続することで脂肪が燃える体に変われることです。 うれしいことに、カーブスフィットネスの運動を行った後も、脂肪燃焼効果がつづくのです。 運動したあとも脂肪が燃えて、消費カロリーがアップします。

この脂肪燃焼効果が続く時間は、軽くカーブスをした場合で運動後10分ほどです。 ハードに運動した場合は、運動後30分ほど続きます。 また、週3回くらいのペースでカーブスを続けると、もっと長期間、1~2日程度の期間 脂肪を燃やせつづけることができる体に変われます。

体重と体脂肪を減らすにも、体力をつけて健康を維持するためにも、必要なこととは筋肉を鍛えることです。筋肉を増やすことの出来る運動とは、普通は1回90分のトレーニングを週に3回以上やらないといけないのです。でも、カーブスの運動プログラムなら、いままで90分かかっていた運動と同じ効果を、たった30分で得られます。

カーブスを週3回のペースで継続しましょう。 筋肉量が増えて、脂肪を燃やせる体に変われます。 60代以上の女性でも、カーブスなら筋肉を増やせるのです。 筋肉を増やして、脂肪が減らせるなんて嬉しいですね。 週3回以上通っていると体もひきしまってきますよ!

カーブス料金と入会金を安くする方法

【カーブスWebキャンペーン!】

カーブス無料体験をここから申し込んで体験日に入会すると
カーブス入会金が50%off!

↓  ↓  ↓

私のカーブス効果


私が実際に実感しているカーブス効果についてお話します。

カーブスに通い始めて1ヶ月目は、太ももの筋トレ効果があらわれて少し引き締まってきました。
また、階段の上り下りも楽に感じられるようになりました。
運動を全くしていなかったときに比べると明らかに体が軽い感じがしました。

カーブス ストレッチも、初めの1週間は体が硬いのがよく分かったのですが、徐々に伸ばしやすくなってきたのを実感しました。

カーブス1ヶ月目には体重には変化がみられなかったですが、ちょっとずつ体が引き締まってきたのを感じました。

カーブスをはじめてから半年以上たつと、代謝がよくなってきたせいか太りにくくなったように感じました。

一番嬉しいのは、体調がすごく良くなったことです。
肩こり、腰痛、膝痛、冷え性などもほとんど感じなくなったのがビックリです。
健康にも良くてダイエットにも効果があります。

体脂肪を燃やせる体に変われるのでカーブスはダイエットしたい女性にお勧めのフィットネスクラブだと思います。

あなたもこの機会にカーブス始めてみませんか?!
まずは無料体験から!

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

ステップボードでの動作


ステップボードでの動作は、足踏みしたり基本的になんでも良いですが、走ると脈が上がってしまい、マシーンの運動効果が低くなってしまうので、足踏みをするかゆっくりとした動作が良いです。

ダイエットのためには、腿上げが効果的ですので、ステップボードで腿上げをするのがおススメです。
ゆっくりとした動きでいいので、足踏みの時に太ももを高く上げるようにします。

太ももを高く上げることでインナーマッスルが鍛えられます。
この時、力まないようにするのがコツです。力んでしまうとインナーマッスルではなく、外側の筋肉が鍛えられてしまうからです。

インナーマッスルを鍛えてダイエットを効果的にしましょう!

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

太る体質の原因は?

●太る体質の原因は?

太る体質になる原因は5つ 

1.無理なダイエット 
無理に食事を減らすダイエットは、直後に急激に体重が減りますが、食べられないことがストレスになり、その後リバウンドにつながります。短期的なダイエットは大切な筋肉も減らしてしまうことに。筋肉は脂肪を燃やしてくれるのに、その大切な筋肉が減るとかえって太りやすい体になってしまいます。
 

2.不規則な生活習慣 
睡眠不足や食事時間が不規則だったりすると、ホルモンバランスが悪くなります。ホルモンバランスが悪いと体調を崩す原因にもなり太りやすくリバウンドしやすい体になってしまいます。


 3.運動不足 
筋肉は脂肪を燃やしてくれます。その筋肉量が少ないと基礎代謝が上がらずにエネルギーを消費しにくい体になります。女性はもともと男性より筋肉量が少ないので冷え性に悩む人も少なくないです。血行不良により体が水分を溜め込んでしまい代謝が悪くなります。代謝が悪いとむくみやすくなりますし、脂肪も燃えにくいので太りやすくなります。

・ ダイエットの停滞期にカーブス プロテイン

4.遺伝と環境

脂肪細胞の数がもともと多いなど太りやすい遺伝子を持っていると脂肪を溜め込みやすい体になります。また、生活習慣や食事内容など太りやすい環境で育つと、太りやすい体質になります。太りやすい体質は遺伝が3割、環境が7割と言われています。

5.腸内環境が悪い

同じ食べ物を同じだけ食べても、太りやすい人と太りにくい人がいますね。 どうしてなのでしょうか? それには腸の中の細菌のバランスが関係しているということです。 腸の中の細菌のバランスが理想的な人は、食べても太りにくい体質だそうです。 反対に腸の中の細菌のバランスが崩れている人は、太りやすい体質になります。 便秘体質の人は腸内バランスが崩れている可能性があります。

腸の中の細菌の理想的なバランスは、善玉菌2、悪玉菌1、その他の日和見菌7の割合だそうです。 腸内バランスを整えるためには、1日30品目を目標に色んな種類の食材を食べること。 発酵食品を食べること。 脂身の多い霜降り肉は控えること。 運動不足は腸内環境に良くないので、適度な運動をすることです。 カーブスの運動は腸内バランスを整えるためにもお勧めのフィットネスです。

こちらの記事もよく読まれています

カーブス料金と入会金を安くする方法

カーブスの口コミ・評判

カーブス筋トレ

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

ロコモ予防にカーブス


ロコモとは、筋力の衰えにより膝痛や腰痛を引き起こしたり、症状が進むと寝たきりや介護が必要になる状態になることです。

年齢とともにだれでも、運動不足と老化のために筋力の低下が起こります。

運動を何もしないでいるとますます身体機能がおとろえます。
腰痛、膝痛などの運動器疾患による痛みもロコモの症状であることが多いです。
ロコモが進むと、骨粗しょう症による骨折などでみるみる体力が落ち、最悪歩くこともままならなくなり、寝たきりになってしまうなどの心配もあります。

40代から筋力の低下は始まっています。運動を何もしないでいると筋力低下はますます進みます。

ロコモを予防するには、正しい食事と筋力トレーニングが必要です。

正しい食事にプラスしてカーブスの運動を行うことでロコモ予防、肥満予防の効果があります。
カーブスの筋トレはロコモ予防に最適。
下半身の筋力アップはもちろん、全身くまなく鍛えることができます。

筋トレといっても、自分の体力に合わせてできるので誰でも楽しく運動できますよ。
ロコモ予防に週3回のカーブス 効果で健康な体を維持しましょう。
カーブスの運動は、脂肪燃焼効果もあるためメタボ予防にも効果があります。

カーブスは、運動経験のない女性にもおすすめのフィットネスクラブです。
カーブスでは無料体験キャンペーンを行っているので、この機会に是非体験してみてくださいね。1回の体験でも効果はありますよ。

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

ウォーキングだけでは筋トレできない

ウォーキングだけでは筋トレできないと言うことを知っていますか?

ウォーキングは有酸素運動が手軽にできるので、誰でも1度くらいはやったことがあるでしょう。

ウォーキングによって心肺機能も高まり脂肪燃焼することもできます。
でも、ウォーキングだけでは必要な筋肉を鍛えるには不十分なのです。

人は誰でも年齢とともに筋力が衰えてきますが、この筋力低下はウォーキングだけでは防ぐことはできないのです。このことを意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

脂肪燃焼するためには筋肉が必要です。
また、年齢を重ねるごとに筋力が衰えて運動機能の低下をきたすロコモの予防にも筋トレが重要となります。

アメリカのスポーツ医学会は、有酸素運動と筋力づくりとストレッチの3つが大切であると発表しています。
その3つの中でも特に筋力づくりが重要と言っています。

自分はウォーキングしているから大丈夫と思っていても実はそうとは言えないのですね。
せっかく健康のためにウォーキングをしていても、将来歩けなくなるということも起こり得ます。

ウォーキングなどの有酸素運動だけでなく、有酸素運動にプラスして筋トレは必要な運動なのです。

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

カーブスで痩せた53歳!

カーブス効果でサイズダウンしたメンバーさんの紹介が、カーブスマガジンに載っています。メンバーさんのダイエット成功体験談の一部をご紹介します。

☆フサコさん53歳の場合☆

フサコさんの職業は介護福祉士です。仕事の関係で腰痛にも悩まされる中、ダイエットするために、食事制限をしたりダイエットサプリをためしたりしているなかでリバウンドを繰り返しました。その結果なんと体重が今までで最高に多くなってしまいました!

そこで、カーブスに入会、週3回通いました。
カーブスマシンでは、使っている筋肉を意識してコーチのアドバイス通りに行っていたら筋肉が増えてきました。

食事では、雑穀米も摂り入れ、夜寝る前2時間は何も食べなしようにしました。
不足しがちなたんぱく質はプロテインで補給しました。
プロテインを飲むことで空腹感が抑えられるので、無理な食事制限は行うことなく炭水化物の量が減りました。

生活面では、家の中でも体を動かすことを意識しました。
水分は1日1.5ℓ以上摂るようにしました。

その結果は!
体重 マイナス21.8kg
体脂肪率 マイナス13.7%
骨格筋率 プラス4.4%
ウエスト マイナス22.5cm
お腹周り マイナス22cm

フサコさんがカーブスで痩せだしたのは、通い始めてから5ヶ月くらいたってからです。
その後1年くらいかけて健康的に痩せていきました。

カーブスは正しいやり方で続けていくと必ず効果があらわれてきます。
そしてカーブスで健康的に痩せればリバウンドしない体を維持できます。
是非、カーブスを続けてみてくださいね!

カーブスは1回たった30分の運動で、基礎代謝を上げ脂肪燃焼しやすい体を作ります。

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

早歩き30分を毎日続ける

筑波大の研究チームによると、食べ過ぎなどによる脂肪肝は、早歩き程度の少し強めの運動を30分以上、毎日続けると改善するとのことです。これは体重は減らなくても効果があるそうです。

飲酒が原因の脂肪肝ではなく、食べ過ぎや運動不足が原因の脂肪肝については、早歩きなどの有酸素運動が有効ということです。

1日30分の早歩きを毎日続けるには、通勤時間に一駅歩くとか、いつもなら電車や車を使っているところを徒歩に変えたり、家の近所をウォーキングなどすればできそうですけど、毎日となると大変だなとも思います。

カーブス(curves)は筋トレに有酸素運動とストレッチを組み合わせた運動です。
カーブスの運動を1回30分するだけで、他の運動を90分したのと同じだけの効果が得られます。
カーブスは、脂肪肝を引き起こす脂質異常にもよい運動です!

カーブスは1日おきに通うのが一番効果的なので、毎日頑張らなくてもOKです。
もちろん、毎日通ってもいいですよ。

メタボやロコモなど、年齢を重ねると自分は大丈夫なのか心配になってきますよね。
生活習慣病の予防にも、カーブスの運動を習慣にすることはとても良いことなのです!

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

中高年のダイエット

●中高年のダイエット

40代から太りやすくなったと感じる人は多いですよね。
お腹周りに脂肪も付きやすくなります。

それは、代謝が落ちて脂肪が燃やせなくなるから。
運動不足や糖分・脂質の摂りすぎなどで太りやすくなります。
また、腸内環境のバランスが良くないことでも太りやすい体質になります。

中高年のダイエットは、食事内容と運動が大切です。
食事では、揚げ物や脂質の多い肉は控えましょう。
葉っぱの野菜を多めに摂るようにしてバランスよい食事をとりましょう。
たんぱく質は積極的に摂りたいので、低脂肪高たんぱくの豆腐などの大豆製品、魚、鶏肉を食べるようにするといいですね。
糖分も摂りすぎないようにしましょう。
果物はヘルシーなイメージがありますが糖分が意外と高いので、朝食べるようにすると良いです。
果物の中では、みかん、オレンジなどのかんきつ系が比較的カロリーが低いです。

運動については、有酸素運動は脂肪を燃やしてくれるのでとても効果的な運動です。
それに加えて、中高年では筋力トレーニングも必要です。
30代くらいから少しずつ筋肉が減ってきます。
筋肉は脂肪を燃やしてくれるので、筋肉が減ると脂肪が燃やせない体になってしまいます。

カーブスは筋トレと有酸素運動とストレッチの組み合わせで、1回30分の運動で90分運動したのと同じだけの効果が得られます。
カーブス1回30分のカロリー消費量は、ウォーキング1時間30分の運動と同じカロリー消費量です。
しかもウォーキングは有酸素運動なので、ウォーキングだけでは筋肉は鍛えられません。
いかにカーブス効果が高いのか分かっていただけると思います。
カーブスは、運動が苦手な方でも無理なく楽しく運動できる女性だけのフィットネスクラブです。

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

サーキットトレーニングの効果

【サーキットトレーニングの効果】

サーキットトレーニングとは、有酸素運動と無酸素運動を交互に休みなく行う運動のことです。 サーキットトレーニングによって筋力、筋持久力を高め、呼吸器・循環機能などの維持向上をはかり、脂肪燃焼しやすい体を作ります。 短時間で脂肪を燃やして体を引き締めるダイエット法としても人気を集めていて、アメリカではこのサーキットダイエットが大ブームになっているほど。

例えば、女性専用 カーブスのサーキットトレーニングでは、筋力トレーニング30秒行ったら、すぐに有酸素運動30秒を行ない、またすぐに筋力トレーニング30秒というように、休憩を入れずに30秒ずつ種目を変えて運動を継続し、これを25分続けます。 最後に5分間のストレッチで運動は終了。 合計たったの30分間のトレーニングですが、その脂肪燃焼効果はウォーキングのなんと3倍です!

カーブス サーキットトレーニングでは、女性のために特別に開発された12種類の油圧式マシンを使用します。いちいちオモリを付け変える必要もありません。使う人の体力に合わせて行うことができます。トレーニングの途中で心拍数を計測し、運動効果の高い心拍数を維持しながら効果的にワークアウトします。ワークアウトの最初のマシーンでウォームアップし、最後のマシーンでクールダウンしますので、最初のマシン2台と最後のマシン2台は軽めに行いましょう。

カーブスの運動自体は個人の体力に合わせてできるので、今まで運動経験の全くない方や運動苦手な方でも楽しくできますよ。 是非、カーブス効果を体験してみてくださいね!

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

カーブスどれくらいで痩せるの?

●カーブスどれくらいで痩せるの?

■痩せてサイズダウンしてくる時期はいつから?

カーブス効果は段階的にあらわれてきます。サイズダウンは筋肉量がアップして基礎代謝があがるとともにあらわれます。カーブスを始めてからの体の変化について説明します。


1.カーブスを始めてから3週間目から1ヶ月を過ぎる頃からサイズダウンしてくるひとが多いです。このころから筋肉が付き始めて、体が引き締まってきます。

2.カーブスを始めて2〜3ヶ月を過ぎる頃、体脂肪が下がってきます。その理由は、筋肉が付くことで基礎代謝が上がってくるから。基礎代謝が上がると脂肪が燃えやすくなります。脂肪が燃えて体脂肪が下がります。この時期に少し体重が増えることがあるかもしれません。でもそれは筋肉が増えているからなので太ったわけではありません。引き続きカーブスを継続しましょう。

3.カーブスを始めて3ヶ月以上経つと、脂肪が燃えやすい体になってきます。筋肉量も増えてきます。この状態になるまでに平均すると3〜4ヶ月かかります。そして、この頃から徐々に体重が減ってくる人が多いです。体の変化には個人差があるので、焦らず自分の目標に向かって続けていきましょう。


■どこからどうやって痩せていくの?

人によって痩せたい部位はちがうでしょう。顔やせ・脚やせ、お腹周り、二の腕、ヒップ、太もも、ふくらはぎなどいろいろですね。でも、脂肪が付きやすい部位というのは決まっています。それはどんなところかというと、太い血管が通っているところです。血管に乗って栄養が運ばれ脂肪の合成が活発になされます。そして、運動量が少ない部位ほど脂肪が蓄積されます。そしてこれは運動量にも関係していて、運動量の少ないヒップや腰周りから脂肪が付き始め、その次にお腹です。痩せる時の順番も、脂肪が付き始めた部位から痩せてきます。


【痩せる順番】
ヒップと腰周り

お腹

バストの下

太もも

首の後ろと二の腕

ふくらはぎと足首

あごと頬


あなたにとって一番気になる、痩せたい部分はどこですか?
痩せる順番がわかっていれば、目標に向かって続けることが出来ますね。
気になる部分のサイズダウンを目指してカーブスを続けていきましょう。

カーブス料金と入会金を安くする方法

カーブスの効果

カーブス プロテインを飲んだほうがよい理由

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓

カーブスで成果を出す方法!

カーブスで成果を出す方法!

カーブスってどうなの?ホントに痩せるの?と気になるあなたに、カーブス成果を上げる方法をお伝えします。ダラダラと通うだけでは思うようなダイエット効果が上げられないかもしれないですよね。カーブスでダイエット成果を上げるためには、ポイントを押さえて効率よく運動しましょう。

・脂肪を燃やす体を作る準備をしましょう
カーブスを始めたらまず、初めの2週間で合計5回以上行きましょう。つまり、初めの2週間でカーブスの運動効果を上げるための下地作りをするのです。
脂肪を燃えやすくするための体を作る準備期間ということですね。

・カーブスに通う回数は何回?
カーブスに通うのは1日おきが一番成果が出やすいです。もちろん毎日通ってもいいです。無理のないペースで週2〜3回くらいを目標にして通いましょう。コンスタントに通うためにはカーブスを生活のリズムに組み込むことです。お買い物のついでに行くとか、自分の行きやすい時間帯にカーブスの時間を入れ込むというように。

・正しいカーブスフィットネスのやり方
ワークアウトは、初めの2つのマシンは軽めに始めて、終りの2つのマシンはクールダウンします。最初から飛ばしすぎないように。
筋トレマシンは大きく速く動かすようにして、使っている筋肉を意識します。使っている筋肉を意識するとその筋肉が効果的に使われますよ。何も考えずにただ動かしているだけでは効果も半減です。おしゃべりしながらのマシンもNGですから気をつけましょう。

カーブスは楽しく運動できると評判ですが、マシンはおしゃべりせず集中して頑張ってくださいね。そのかわり、ステップボードではゆっくりステップしましょう。走ったりはしないほうがいいです。なぜなら、ステップボードで心拍数が上がりすぎるとマシンの効果が薄れてしまうからです。
また、マシンもステップボードも腹圧を入れて行いましょう。腹圧を入れて正しいやり方でワークアウトします。

・カーブスストレッチで運動効果を上げる
最後にカーブス ストレッチをしっかり行います。このストレッチは筋トレの効果を19%アップさせてくれるので、しっかり行いましょう。体の柔軟性も高まりますよ。

・1日3食バランス良い食事
間食は控えて1日3食バランスよい食事をしましょう。カーブスに行くとお腹がすくのですが、食べすぎは厳禁です。摂取カロリーが消費カロリーを上回れば痩せるどころか太ってしまいます。カーブスは1回の消費カロリーが約200〜300キロカロリーです。毎日の摂取カロリーが変わらなければ、1週間で900キロカロリーほど消費されていく計算ですね。
カーブスで運動してるからといって食べ過ぎないように気をつけましょう。

・間食の代わりにカーブスプロテイン
一番の落とし穴は、運動してるから食べても大丈夫という思い込みかも。
1回30分のカーブス消費カロリーは200〜300キロカロリーと覚えておきましょう。
菓子パン1個食べれば帳消しになってしまうので、間食は大敵ですね。
間食の代わりにカーブス プロテインを飲むのはとてもおススメな方法です。この方法でダイエットに成功したカーブスメンバーさんもいます。是非お試しくださいね。

こちらの記事もよく読まれています 

カーブス料金と入会金を安くする方法

・カーブスに通う芸能人

・カーブス ストレッチ教室

【カーブスwebキャンペーン】

カーブス無料体験を下記からお申し込みいただくと

カーブス入会金が50%offになります!

↓ ↓ ↓