アンチエイジング

知らないと損するアンチエイジング

いまはシニア世代でもバリバリ働いて気持ちの若い人はたくさんいます。50代の人は昔の50代より気持ちが10才若いとか。20年くらい前とは生活のスタイルも大きく変わりました。実際に今の60代以上のシニア層では、ひと昔前の同じ年代の人より体力があるそうです。それは運動をする人が増えたという理由があるからだそうですよ。



50代気持ちは若いけど体力は?


50代の人たちも精神的な年齢は昔より若くなっていますが、運動を何もしていない場合では体の老化は昔と変わらないのです。気持ちが若いので体も若い気がしているかもしれませんが運動不足では体はどんどん老化していきます。

老化とはどういう状態のことを言うのでしょう?


老化とは年を重ねることによって心と身体が変化していくこと。筋肉は弱くなっていき、骨量が減ってきます。そのため身体が若い頃のようには動かなくなります。
心肺機能は衰えてきますので体力も落ちます。そのため疲れやすくなります。
代謝も落ちて免疫力も低下しますので、病気にもかかりやすくなります。


脳の機能も低下して記憶力が落ちてきます。身体が衰えると気持ちも衰えていきます。自然の摂理により、誰でも老いていきます。
誰でも老いていきますが、老化のスピードには個人差があります。シニアでも若々しい人もいれば実年齢より老けて見える人もいます。これは何故でしょう?

運動しないと老化が早くなる?


老化のスピードの違いは、運動しているかいないかによって決まります。
運動を何もしないでいると、自分で思っている以上に体は衰えていきますよ。女性に多い骨粗しょう症の殆どは運動不足が原因です。ロコモやメタボといった生活習慣病も運動不足からきています。運動不足によって肥満になったり、代謝能力が落ちたりします。







運動不足で血行が悪くなるとお肌にも悪影響です。お肌のシワ・タルミなども血の巡りが悪いことが原因になる場合が多いです。つまり血の巡りが悪いということも運動不足からくるものです。
認知症も運動不足では症状が進みやすいということが医学で分かっています。

タイトルとURLをコピーしました